離脱を図る

長期のステロイド剤使用者は、併用しながら離脱を図っていく
アトピー性皮膚炎で治療を受けている人は、医師から処方された薬を使われていると思う。そうした方の中に、この「ダブルブロック法」を並行しても大丈夫なのだろうか、と思われる方がいるに違いない。
基本的に、「ダブルブロック法」で使う素材は天然素材で、他の物質と結合して化学反応を起こすことはない。つまり、副作用の心配がないということである。したがって、医師が処方した薬と併用しても、何ら心配はない。薬がステロイド剤であっても、副作用の心配はない。
復習になるが、ステロイド剤は糖質コルチコイドの抗炎症作用、抗アレルギー作用を利用するものであり、その効果は「ダブルブロック法」と重なる部分がある。その点からすれば、あまりひどい症状でなければ、ステロイド剤の使用を控えて「ダブルブロック法」を用いることが可能である。

 

ただし、これまで長期にわたってステロイド剤を使用していた方が、ステロイド剤の使用をすぐに中止するのは要注意だ。これも繰り返しになるが、長い間ステロイド剤を使っていた人が使用を全面的に中止するとリバウンドが起こり、症状が悪化する危険性があるからだ。もちろん、最終的にはステロイド剤からの離脱が望ましい。したがって、長期にわたってステロイド剤を使ってきた方は、併用しながら徐々に弱いものにしていくとか、量や回数を次第に減らしていくことをまず考えたほうがいいだろう。
バラ花びら抽出エキスと水溶性キトサンは、ステロイド剤に比一肩できる即効性と持続性が期待できる素材である。その相乗効果で津みがブロックされると、アトピー性皮膚炎の患者さんの精神的プレッシャーは大きく改善される。それが神経系、免疫系、ホルモン系のバランス修復にっながり、副腎皮質ホルモンの産生も整えられていく。その結果、自然治癒力で炎症を抑える作用が発揮されるようになり、アトピーは軽快に向かうことになる。

広告を非表示にする