読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アトピー体質の人は腸内環境が乱れている

実は、アトピー性皮膚炎に対処するうえで、有力な素材を配合したもう一つのバラ花びら抽出エキスがある。
有力な素材とは、腸の環境改善に大きな力を発揮してくれる乳酸菌生産物質である。

アトピー性皮膚炎や花粉症の患者さんで、腸内環境が良好に保たれている人はほとんどいない。
こうした患者さんには腸炎を起こしやすかったり、便秘や下痢、それに宿便が多かったり、動惇、めまい、のぼせといった症状を訴える人の多いことが臨床的に分かっている。こうした変調こそが、腸内環境の悪さを示すサインである。
れ、花粉症に大きな効果を発揮する。

 

アトピー性皮膚炎の患者さん同様、花粉症の患者さんも、1日中、アレルギー症状と戦っている。中でも大きな問題が、睡眠中に襲ってくる遅発相反応である。鼻の不快感、鼻詰まり、絶え間なく流れる鼻水から、ティッシュの箱が一晩で空になる患者さんも少なくない。ティッシュの箱が空になるのはまだ良いとして、問題は睡眠不足である。慢性の睡眠不足から毎日イライラして過ごさなければならず、消化不良や
精神的に参ってしまった人もいる。
週間後に約卯%、2週間後には約帥%、3週間後には約乃%、そして4週間後には約開%となっている。こちらの試験でも、垣E抗体の量が順調に低下している。
この二つの臨床試験から、シソ種子抽出エキスが垣E抗体を作られにくくすることが明らかに読み取れる。この試験からは、垣A、垣M、増Gといった他の抗体にはほとんど影響を与えないことも確認されている。これらの抗体は免疫のメカニズムのなかで有効に働く抗体であり、影響ことも確認されている。

のないことが望ましい。このことから、シソ種子抽出エキスはアトピー性皮膚炎の原因になる噂E抗体だけを抑え、アトピー性皮膚炎に効果を発揮してくれることがよく分かる。