読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

善玉菌優勢の腸内環境

善玉菌優勢の腸内環境は、アトピー体質の改善にも効果がある

乳酸菌生産物質は、腸に届いて善玉菌優勢の腸内環境を実現する。そのことで腸内環境が改善
され、腸内環境の乱れによるいろいろな症状を軽快に導いてくれる。もちろん、バラ花びら抽出
エキスに含まれている抗アレルギー成分の吸収も助けてくれる。
実は、腸内環境の改善は、アトピー体質の改善にも関連している。
今までのアトピー性皮膚炎の治療は、食物アレルギーを考える場合、個々の食べ物がアレルゲ
ンになると考えられてきた。卵や牛乳、それに小麦などがそれに当たる。
しかし、今も説明したように、アトピー体質の患者さんでは腸内細菌のバランスが悪玉菌優勢
に傾き、腸内環境が悪化している。腸での分解・吸収にこれが大きな問題になることはすでに述
べたが、もう一つ、重大な問題が発生する。
て栄養は吸収されやすく分解されるからである。

 

 

一方の悪玉菌は、タンパク質が好物である。とくに動物タンパク質に群がり、これを餌にして
アンモニア、アミン、硫化水素といった人体に有害な物質を作り出す。こうした作用を発酵に対
して腐敗と言う。腸内で腐敗が進むとこれらの有害物質が充満し、下痢や腸炎を引き起こしたり、
血圧上昇や免疫細胞の活性を弱めたりする。また、食物アレルギーを引き起こすアレルゲンであ
る未消化タンパクは、悪玉菌が優勢の状態だと分解・吸収されない。

 

では、どうすれば善玉菌が増え、腸内環境の乱れが改善できるのか。
誰でも考える方法が、善玉菌の代表である乳酸菌を摂ることだ。ただし、乳酸菌を摂ったとし
ても、乳酸菌は消化液に非常に弱く、ほとんど胃酸でやられてしまうことが明らかになっている。
口から摂っても生きたまま腸に届かないのだが、その後の研究で、たとえ乳酸菌が死滅しても、
死んだ乳酸菌や生産物(乳酸菌生産物質)が腸に送られると、これらが善玉菌の餌になって善玉
菌が増加する事実が発見された。
この考え方が基本になり、より良質の乳酸菌生産物質が求められ、バラ花びら抽出エキスに善玉菌を繁殖させる有効な乳酸菌生産物質を配合することになった。


このバラ花びら抽出エキスとともに配合されている乳酸菌生産物質は、まず国内産の無農薬栽
腸内細菌のうち、人間にとって有用な働きをするものを善玉菌、有害な働きをするものが悪玉
菌と分類されている。そして、腸内環境の乱れとは、先に言ったように善玉菌と悪玉菌のバラン
スが崩れ、悪玉菌が優勢になっている状態を指している。