読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人工皮層から工業分野まで、キトサンは幅広く使われている

「飲む」ことと「塗る」ことを併用すれば、体の内側と外側からアレルギー反応を未然に防ぐことができる。そのことで、アトピー性皮膚炎の患者さんを悩ませる津みを解消する。それが「ダブルブロック法」という画期的なアレルギー反応抑制法、捧みを起こさせない方法である。

塗る痒みのブロックで使う素材は、水溶性キトサンである。健康食品に関心のある人なら、キトサンという名前を聞かれたことがあるだろう。また、キトサンという名前が登場したニュースを思い出される方もあるかもしれない。
そのニュースとは、サハリンで大やけどを負い、札幌医科大で治療を受けた3歳の少年コンスタンチンくんのことである。コンスタンチンくんのやけどは全身の8割にも及ぶ重症で、札幌医科大学に移送されたとき、呼吸も満足にできない致命的なレベルだったと言う。
られなくなり、アトピー体質の根本的問題が大きく解決に向かう。腸に問題のある人、腸の変調
を示すサインを持っている人のために、腸の吸収力を高めて、まずバラ花びら抽出エキスの抗アレルギー効果を十分に得る。それと同時に腸管免疫の正常化によるアトピー体質の改善も視野に入れていこうというのが狙いである。

 

食物アレルギーの直接原因は卵や牛乳かもしれないが、腸の働きを正常に戻し、アトピー体質を治すことができれば、アトピー性皮膚炎ばかりか、花粉症、瑞息などI型のアレルギー性疾患を根治することが可能になる。
また、食物アレルギーを起こすときのアレルゲンは、主に未消化タンパク質である。言い換えれば、食物アレルギーの人はタンパク質を消化する力の弱い人と言うことができる。これも、腸内環境が悪玉菌に支配されていることが原因である。
乳酸菌生産物質で善玉菌が増えると、腸全体の姿が正常な形に戻る。腸管免疫の乱れも修復され、免疫応答を起こさなくていいものには反応しなくなる。