成人型アトピーこそ、「体質改善」の同時実行が絶対に必要

成人型アトピーこそ、「体質改善」の同時実行が絶対に必要
これに対し、青年期や成人のアトピー性皮膚炎は、少々厄介だ。「ダブルブロック法」で樺みをシャットアウトし、食習慣や生活習慣を改善してもそう簡単に治るものではない。それだけ免疫のズレが複雑で治り方も遅いうえ、勉強や仕事のストレス、人間関係といった免疫力の修復を妨げるいろいろな要素もあるからだ。

 

では、青年期や成人のアトピー体質は根治できないのか。
そんなことはない。現実に、本書の冒頭で紹介した成人の患者さんの中にも、「体質改善」に成功し、アトピー性皮膚炎と絶縁した方がいる。
やはり青年期や成人のアトピー性皮膚炎の場合は、「ダブルブロック法」で樺みをブロックしながら、皮層の状態を改善すると同時に、より積極的に「体質改善」を行うことが望ましい。
「ダブルブロック法」でアトピー性皮膚炎の諸症状を改善させながら、「体質改善」で免疫のズレを修正し、自然治癒力を高めていく。青年期や成人のアトピー性皮膚炎の解決、アトピー体質の改善策として、これ以上の方法はないと思われる。そこに食習慣、生活習慣の改善を加えれば、の改善策として、この効果はさらに高まる。
そして、青年期や成人のアトピー性皮膚炎の患者さんに、声を大にして言っておきたいことがある。「免疫のズレは生活習慣病の温床」であり、生活習慣病になりたくなければ、早急に改善策を講じておく必要がある。
いま免疫のズレによってアトピー性皮膚炎しか発症していなくても、免疫のズレが次第に大きくなると、ズレどころでなくなる危険がある。そこから、ガンや難治性の他の生活習慣病を発症することも十分に考えられる。だから、早期にアトピー体質の改善法を実行し、免疫のズレを修正する。自然治癒力を元の正常な状態に戻しておくことが重要になる。