読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

活性酸素がアトピー体質の元凶になる三つの理由

活性酸素アトピー体質の元凶になる三つの理由
活性酸素はガンや生活習慣病でその弊害はつねに指摘されているが、アトピー性皮膚炎を始め、花粉症、あるいは瑞息といったアレルギー疾患にも深く関係している。現実に、アレルギー疾患の患者さんを調べると、健康な人よりも活性酸素濃度の高いことが分かっている。


活性酸素による免疫機能のズレ
活性酸素による組織の老化
活性酸素による血流障害と栄養バランスの崩れ


これらがアトピー性皮膚炎と活性酸素の関係であり、アトピー体質の元凶が活性酸素という理由だが、活性酸素が発見されたのは別世紀半ばのことに過ぎない。臨床的に活性酸素の研究報告が盛んに提出されるようになったのは、わずかここn年ほどにしかならない。しかし、世界の医療機関や研究機関の研究は、活性酸素を抑えることが病気の発症防止に大きな効果があることを一致して指摘している。すでに活性酸素の弊害が明らかになり、活性酸素をどう無害化するかが医学研究の大きなテーマになっている。病気の治癒だけでなく、健康維持や病気予防の面からも、活性酸素の無害化、消去策が真剣にとり上げられているのが現状である。


酸素といえば、空気中の酸素をすぐに思い浮かべる。私たちは空気中の酸素を取り入れ、酸素が持つ酸化作用を利用してエネルギーを生産している。ところが、酸素は空気中に存在している形だけではなく、酸素分子にはいくつかの形がある。ある条件に置かれた酸素分子は、呼吸で取り入れる酸素の数千倍という強力な酸化力をもつ酸素に姿を変えるoそれが活性酸素の正体である。