読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バラ花びら抽出工キス

アトピー性皮膚炎を改善する道は、まずかゆみを抑えることから始まる。しかし、一度、かゆみが始まってしまうと、そう簡単に消せるものではない。
かゆみ対策で一番重要なことは、当たり前のことだが、樺くならないようにすることだ。今まで紹介したバラ花びら抽出エキスと水溶性キトサンの二つの素材は、その作用特性から、津いというアレルギー症状が起こらないように働いてくれる。
アトピーの患者さんにとって、癖みのない日々がどれくらい嬉しいか説明の必要はないと思う
が、まず飲んでかゆみを防ぐバラ花びら抽出エキスから説明したい。先の章と重複する部分もある
が、それは大事な部分であるのでご了解いただきたい。
バラは、野生種として100以上の種類があり、この野生種から改良を重ねられた園芸用の品
種は3000種とも、それ以上とも言われている。
観賞用として広く愛されてきた一方、バラにはいろいろな薬理効果が伝えられてきた。たとえ
ば、花から分離した精油には睡眠作用や頭痛を和らげる作用があるとか、保湿性に富んでいるた
めに肌の潤い効果があるとか、シワやシミを防ぐ美容効果もあると伝えられている。
そうしたバラの薬理効果が研究されるうち、バラの花びらに、興味深い新しい作用が発見された。
この作用こそ、バラ花びら抽出エキスが持つ非常に効果的な抗アレルギー作用、抗ヒスタミン作用、抗酸化作用である。
バラ花びら抽出エキスの抗アレルギー作用は、効果的であるばかりか、まったく新しい作用機序である。作用機序とは難しい言葉だが、「効果が発揮される筋道」とか「効果が現れるメカニズム」という意味である。
詳しいメカニズムは後で触れるが、バラ花びら抽出エキスの抗アレルギー作用を簡単に言うと、
アレルギー反応を起こす遊離ヒスタミンを出させないようにする働きになる。もっと分かりやす
く言えば、アレルギー反応の根元を絶つ、我慢できないアトピー性皮膚炎のかゆみを起こさせない。


バラ花びら抽出エキスは、このまったく新しい作用機序の抗アレルギー作用でアトピー性皮層、花粉症、瑞息といったアレルギーの諸症状を改善するほか、美容と「体質改善」にも絶大な効果を発揮する。
美容と体質改善効果も見逃せないが、バラ花びら抽出エキスには、場所と時間を構わず襲って
くるあのかゆみを防止する効果がある。「ダブルブロック法」にバラ花びら抽出エキスを使う理由
は、バラの花びらが持つこの効果を活用するためである。

 

成人型アトピーこそ、「体質改善」の同時実行が絶対に必要

成人型アトピーこそ、「体質改善」の同時実行が絶対に必要
これに対し、青年期や成人のアトピー性皮膚炎は、少々厄介だ。「ダブルブロック法」で樺みをシャットアウトし、食習慣や生活習慣を改善してもそう簡単に治るものではない。それだけ免疫のズレが複雑で治り方も遅いうえ、勉強や仕事のストレス、人間関係といった免疫力の修復を妨げるいろいろな要素もあるからだ。

 

では、青年期や成人のアトピー体質は根治できないのか。
そんなことはない。現実に、本書の冒頭で紹介した成人の患者さんの中にも、「体質改善」に成功し、アトピー性皮膚炎と絶縁した方がいる。
やはり青年期や成人のアトピー性皮膚炎の場合は、「ダブルブロック法」で樺みをブロックしながら、皮層の状態を改善すると同時に、より積極的に「体質改善」を行うことが望ましい。
「ダブルブロック法」でアトピー性皮膚炎の諸症状を改善させながら、「体質改善」で免疫のズレを修正し、自然治癒力を高めていく。青年期や成人のアトピー性皮膚炎の解決、アトピー体質の改善策として、これ以上の方法はないと思われる。そこに食習慣、生活習慣の改善を加えれば、の改善策として、この効果はさらに高まる。
そして、青年期や成人のアトピー性皮膚炎の患者さんに、声を大にして言っておきたいことがある。「免疫のズレは生活習慣病の温床」であり、生活習慣病になりたくなければ、早急に改善策を講じておく必要がある。
いま免疫のズレによってアトピー性皮膚炎しか発症していなくても、免疫のズレが次第に大きくなると、ズレどころでなくなる危険がある。そこから、ガンや難治性の他の生活習慣病を発症することも十分に考えられる。だから、早期にアトピー体質の改善法を実行し、免疫のズレを修正する。自然治癒力を元の正常な状態に戻しておくことが重要になる。

離脱を図る

長期のステロイド剤使用者は、併用しながら離脱を図っていく
アトピー性皮膚炎で治療を受けている人は、医師から処方された薬を使われていると思う。そうした方の中に、この「ダブルブロック法」を並行しても大丈夫なのだろうか、と思われる方がいるに違いない。
基本的に、「ダブルブロック法」で使う素材は天然素材で、他の物質と結合して化学反応を起こすことはない。つまり、副作用の心配がないということである。したがって、医師が処方した薬と併用しても、何ら心配はない。薬がステロイド剤であっても、副作用の心配はない。
復習になるが、ステロイド剤は糖質コルチコイドの抗炎症作用、抗アレルギー作用を利用するものであり、その効果は「ダブルブロック法」と重なる部分がある。その点からすれば、あまりひどい症状でなければ、ステロイド剤の使用を控えて「ダブルブロック法」を用いることが可能である。

 

ただし、これまで長期にわたってステロイド剤を使用していた方が、ステロイド剤の使用をすぐに中止するのは要注意だ。これも繰り返しになるが、長い間ステロイド剤を使っていた人が使用を全面的に中止するとリバウンドが起こり、症状が悪化する危険性があるからだ。もちろん、最終的にはステロイド剤からの離脱が望ましい。したがって、長期にわたってステロイド剤を使ってきた方は、併用しながら徐々に弱いものにしていくとか、量や回数を次第に減らしていくことをまず考えたほうがいいだろう。
バラ花びら抽出エキスと水溶性キトサンは、ステロイド剤に比一肩できる即効性と持続性が期待できる素材である。その相乗効果で津みがブロックされると、アトピー性皮膚炎の患者さんの精神的プレッシャーは大きく改善される。それが神経系、免疫系、ホルモン系のバランス修復にっながり、副腎皮質ホルモンの産生も整えられていく。その結果、自然治癒力で炎症を抑える作用が発揮されるようになり、アトピーは軽快に向かうことになる。

広告を非表示にする

睡眠不足がアトピーを治りにくくしている

アトピー性皮膚炎が治りにくい病気とされる理由の一つに、樺みによる睡眠不足がある。では、なぜ睡眠不足がアトピーを治りにくくするのだろうか。その理由は、睡眠とホルモン分泌の関連にある。
ステロイド剤は、副腎皮質ホルモンの一種である糖質コルチコイドが化学合成されたものであることはすでに説明した。そして、糖質コルチコイドには炎症やアレルギー反応を抑える二次的な作用があった。糖質コルチコイドは、睡眠中の夜中から明け方にかけて最も盛んに分泌される。だいたいの時間を言うと、午後Ⅲ時から午前3時頃である。この理由として、翌日のアレルゲンの攻撃に対し、体内に糖質コルチコイドを行き渡らせて備えておこうとする体のメカニズムが働くと考えられる。この大切な作業が行われる時間に、アトピーの癖みと格闘して睡眠不足になったらどうなるか。
誰でも分かるように、昼間の活動中に使われるはずの糖質コルチコイドの分泌が十分でなくなってしまう。こうなると津みを抑える物質が足りなくなり、翌日はひどい樺みに襲われることになる。眠れないから糖質コルチコイドが不足し、糖質コルチコイド不足から日中の樺みが増し、さらに症状が悪化する悪循環が生じてくる。
病気では、栄養補給と同じくらい、睡眠が重要視される。それは睡眠によって神経系が休むこと、免疫力が調整されることとともに、ホルモン分泌が活発に行われることによる。自然治癒力というのは、神経系、免疫系、ホルモン系のゴールデントライアングルが正常に保たれて初めて、本来の作用を果たすのである。

続きを読む

活性酸素がアトピー体質の元凶になる三つの理由

活性酸素アトピー体質の元凶になる三つの理由
活性酸素はガンや生活習慣病でその弊害はつねに指摘されているが、アトピー性皮膚炎を始め、花粉症、あるいは瑞息といったアレルギー疾患にも深く関係している。現実に、アレルギー疾患の患者さんを調べると、健康な人よりも活性酸素濃度の高いことが分かっている。


活性酸素による免疫機能のズレ
活性酸素による組織の老化
活性酸素による血流障害と栄養バランスの崩れ


これらがアトピー性皮膚炎と活性酸素の関係であり、アトピー体質の元凶が活性酸素という理由だが、活性酸素が発見されたのは別世紀半ばのことに過ぎない。臨床的に活性酸素の研究報告が盛んに提出されるようになったのは、わずかここn年ほどにしかならない。しかし、世界の医療機関や研究機関の研究は、活性酸素を抑えることが病気の発症防止に大きな効果があることを一致して指摘している。すでに活性酸素の弊害が明らかになり、活性酸素をどう無害化するかが医学研究の大きなテーマになっている。病気の治癒だけでなく、健康維持や病気予防の面からも、活性酸素の無害化、消去策が真剣にとり上げられているのが現状である。


酸素といえば、空気中の酸素をすぐに思い浮かべる。私たちは空気中の酸素を取り入れ、酸素が持つ酸化作用を利用してエネルギーを生産している。ところが、酸素は空気中に存在している形だけではなく、酸素分子にはいくつかの形がある。ある条件に置かれた酸素分子は、呼吸で取り入れる酸素の数千倍という強力な酸化力をもつ酸素に姿を変えるoそれが活性酸素の正体である。

耐えられない窪みが、アトピー患者の最大の悩み

アトピー性皮膚炎の患者さんの悩みは、何と言ってもかゆみだろう。患者さんのなかには、「かゆみ」という言葉を見ただけでかゆくなってくる方がいるに違いない。
かゆみの辛さは、自覚症状というところにある。本人にとってどれほどの大変な苦痛であっても、外からは分かりづらい。耐え切れなくなって、つい手がその部分を掻きむしってしまう。「掻いたらだめなんだ」と分かっていても、気がついたら捧さに血が彦むほど掻きむしっている。
「掻いたらダメだって言っているのに、なぜ掻くの」「掻かなければいいのに。それぐらい我慢できないの」
子供の最大の理解者であるべき母親が、子供を責める。アトピー性皮膚炎のかゆみがどれくらいのものかを知らない家族、夫、妻が、こんな言葉を投げる。かゆみを知らない人からそんなことを言われるのも辛い。それにも増して、掻きむしるたびに血膿が皮層から惨み出て、赤黒く、ジュクジュクになった皮層を見れば絶望的になる。
実はこうした精神的な葛藤が、多くのアトピー性皮膚炎の患者さんを余計に悪化させている。

続きを読む

何をするかが大きな問題

今も少し触れたように、ステロイド剤を長期使用していると、副腎ではホルモン分泌のバランスが崩れてくる。患者さんの脳からは、外部からホルモンがつねに供給されるという指令が出された状態になっている。このままステロイドの使用を中止するとリバウンド症状が現れ、かえって症状を悪化させることになる。
ステロイドを止めようと思った場合、医師と相談して徐々に弱いステロイド剤に切り替えてもらい、使用量も医師の指示に従って減らしていくことが大切である。


ステロイド剤を使っている患者さんに、ぜひ理解しておいていただきたいポイントがある。
そのポイントは、ステロイド剤はあくまでも抗炎症剤であり、一時的に劇的な効果が期待できても、アトピー性皮膚炎の根本的発症原因を消し去ることはできないということだ。
火事でいえば、水をかけて火の勢いを止めるのがステロイドの役目で、火が消えたように見えても、火種はまだ残っている。そのままではまた火の手が上がり、火事がぶり返す。火の勢いが衰えているときに、火種を取り去るような治療や努力をする。それが、アトピー性皮膚炎と完全に縁を切る方法になる。残念ながら、現代西洋医学には、アトピー性皮膚炎の火種を取り去る治療はない。西洋医学が責められるとすれば、ステロイド剤ではなく、免疫力のズレを修正する方法、低下した自然治癒力を回復させる方法のないことにある。
また、ステロイド剤は全く副作用がないとは言い切れないし、繰り返しになるが、根本治療薬でもない。薬を使わないほうがいろいろな面で望ましく、徐々にステロイド剤の量や頻度を減らしていくことが望ましい。