塗り薬

成人型のアトピー性皮膚炎でも、年とともに良くなって行き、五十歳以上のアトピー性皮膚炎は本当にごく少数です。
アトピー性皮膚炎の子どもを診察に連れて来る母親の手がちょっと荒れているようなときに、「おかあさんは小さいころアトピー性皮膚炎があったり、肌が弱かったりといったことはありませんでしたか」と尋ねることがありますが、ほとんど「いいえ」という答えが返って来ます。
このうちの何人かは、きっと子どものころにアトピー性皮膚炎があったと推測されますが、その当時は現在ほど社会的に騒がれていませんでしたし、成長とともに治ってし、まったのでしょう。
実際はどうなのかはさておき、アトピー性皮膚炎が年を追って増えているという指摘があり、そしてそれは大気汚染や住環境の変化、食生活の変化などに伴い、アレルギーを起こす物質が増え続けているという結果にほかならないという警告があります。
いずれも、アトピー性皮膚炎との因果関係は未だ明らかではなく、こういった情報に振り回されることなく、一定の距離を保って受け止めるべきです。

 

典型的なアトピー性皮膚炎は、乳幼児期に発症し、小学校ないし中学校を卒業する十五歳ごろまでには大多数が自然に治っていきます。中には、思春期以降もなかなか良くならない人や、子どものころはなんともなかったのに、大人になってから初めて皮膚症状が出てくる人も見られます。
アトピー性皮膚炎は、普通のかぶれやおできのように治療によってすぐ治ってしまうような類の病気ではなく、良くなったり悪くなったりをくり返しながら、慢性に経過します。ですから、長い目で見て、根気よく治療を続ける心構えが大切です。

 

アトピー性皮膚炎の治療にあたって、もっとも効果があり、そのためによく使われるのが塗り薬です。胃腸や肝臓、肺や心臓などの内臓に病気があるときには、薬を飲んだり注射しないと、内臓の病変部まで薬物成分が到達しません。しかし、皮膚は体表面にあるために薬を塗るだけで効果が得られます。とくにアトピー性皮膚炎のように、皮膚のなかでも表面に近い浅いところに主たる病変がみられる湿疹は、塗り薬が効きやすいのです。
塗り薬は、外からの刺激を遮断して皮膚を保護し、炎症を抑えたり、かゆみを止める効果があります。さらには水分蒸発を促進または抑制したり、かさぶたを取り除くなどの効果があります。

具体的には、ステロイド剤と非ステロイド剤、保湿剤、昔からある古典的な薬剤などがあります。さらに、これらの薬効成分を混ぜ合わせるものによって、軟膏やクリーム、水溶液、ローション、スプレー(フロンガスを含有しない)、テープなどさまざまな製剤が作られています。

 

肉・魚・めん類・・・食卓に〃汚染″が並んでいる

/:…:…・………:.…………::…:…::
野菜ばかりではありません。肉や魚にも汚染は広がっているのです。私たちが毎日食べている肉類は、どのようにして生産されているか注目してみたことがありますか?


牛、豚やニワトリは、牛舎、豚舎、窪塞壱いう狭苦しい空間で、できるだけ運動を抑え込むようにして太らせる、という手段をとっています。通気は悪く、しめっぽい中で飼育きれていますから、当然、病気が発生します。それを防ぐために抗生物質を投与します。
食肉用として屠殺するときは、一応、検査があります。厚生省からは食肉用家畜には、抗生物質を与えてはいけないという通達がありますが、屠殺の1,2週間前から投与をやめていれば、検査しても分からないわけです。しかし、それ以前には抗生物質をたっぷりと与えられていますから、いわば抗生物質漬けの食肉を食べさせられているようなものです。
また飼料も人工飼料が与えられていますから、必要なミネラル分は大幅に減少しているのは当然といえましょう。

有機農業というのがあり、昭和別年代の農業のほとんどは、図らずも有機農業でした。しかし、現在行われている有機農業は、どうも形だけの有機農業のような気がするのです。有機農業では化学肥料は用いず、家畜の糞や稲藁を堆肥にして野菜に与えているのです。
ところが、家畜の糞も、人工飼料で育ち抗生物質漬けにされた家畜の糞だったり、農薬たっぷり使った稲藁だったりするのでは、いくら有機農業がいいといっても、できてくる農作物はやはり汚染されたものと言わざるをえません。

魚も現在では養殖される時代です。この養殖にも人工飼料が用いられています。魚はもともと海中のミネラルを充分に摂取して生きているものです。そういう魚を食べていれば、ミネラルも充分に摂取できるのですが、養殖の魚は、狭い網の中に押し込められて運動不足の上、人工飼料で育てられているので、本来、持っているはずのミネラル分は不足しています。
私たちは、化学調味料によって舌が麻簿させられています。市販されている漬物には化学調味料はたっぷり入っていますし、即席のラーメンやめん類の付け汁にも使われています。

 

子供のころから化学調味料で育っていますから、自然の昆布や出しジャコで出しをとったものでは物足りないという人が多くなっています。食堂でもおしんこにたっぷり化学調味料をふりかけて平気でお客に出すところもあります。

かってはこの化学調味料は、サトウ黍で作られていましたが、材料に限度があり、大量に生産できないところから、科学的に合成されたものが主流となっています。材料が天然のものならともかく、討撒字的に合成きれたものでは、身体に入ってから、体内のミネラルのバランスを崩す恐れがあります。

 

アトピー性皮虐炎と遺伝

アトピー性皮唐炎の家族内同症の頻度について、日本および海外で一九三○年から最近までに報告されている統計を見ますと、一五・六%から六六・七%となっています。アトピー性皮膚炎に関しては、歴史的に多くの同義語があると同時に、その診断に関しても、報告者によって多少の違いがあります。それらをまとめると、アトピー性皮膚炎の家族内発症頻度は一一○’三○%と考えられます。
 

また、一卵性双生児では六二・五’六六・七%、一一卵性双生児では四○%前後に見られます。
 

一般社会におけるアトピー性皮膚炎の発症頻度は、日本や欧米では三’一一%と報告されていますから、統計学的にもその遺伝性は推測されます。
 

子どもにアトピー性皮膚炎が出る確率は、両親ともにアトピー性皮膚炎の症状がそろっていたり、両親が小さいころにそうだったというケースが高いようですが、両親ともにアトピー性皮膚炎があるにもかかわらず、子どもにはアトピー性皮膚炎が見られない場合もあります。
 

次いで、両親には症状が出ていなくても、祖父母や兄弟姉妹、おじやおば、いとこなどにアトピー性皮膚炎が見られる場合。
 
家族や親類にアレルギー性鼻炎ぜんそくといったアトピー疾患、およびアトピー性皮膚炎の人が全くいない場合は、アトピー性皮膚炎になる確率は低いといえます。
しかし、家族や親類にアトピー性皮膚炎の症状がなく、さらにその既往がないにもか
かわらずアトピー性皮膚炎が見られる子どももいます。
 

アトピー性皮膚炎の遺伝形式については、現在のところ、まだ解明されていません。
アトピー性皮膚炎は遺伝による生まれつきの体質とすると、「もう、どうしようもない」「一生治らない」と悲観的になりがちです。しかし、そんなに悲観的になるには及びません。人間のからだは、成長とともにさまざまに変化して、子どもから大人のからだになっていき、成長がピークに達するころから老化が始まり、自然に体質改善が行われます。
 

ですから、赤ちゃんのときに症状が出たからといって、これから先、一生ずっと治らないなどと悩む必要は全くありません。成長とともに良くなっていくことの方が多いのですから。

情報が乏しい

アトピー性皮膚炎の予防または食生活との関係」
アトピーに対して食事で気をつけなければならない点など教えていただきたいと思います」
「食事に気をつけているが、本人に好きぎらいがあるため、思うようになりません。
野菜をたくさん食べさせたいのですが」
「病院では、アトピーでも食べるものは神経質にならないようにと言われましたが、どうでしょうか」
「ときどき、皮膚がかゆいときがあります。食事のせいでしょうか。季節により乾燥するためでしょうか」
「両足のひざの裏がアトピーになっていて、かゆいようです。食べ物にまで気をつけなければいけないのでしょうか」
「食事以外での体質改善にどのような方法があるのでしょうか」
アトピーがひどいときはフルコートをつけています。量は少しですが、幼稚園ごろから中学生になった今もつけています。副作用あるいはあまり効果がなくなったりするものでしょうか」

アトピーかよく分かりませんが、体やほっぺたにポッポッができて、ときどきかゆいです」「冬になるとサメ肌になって、かゆくなります。春先になると、手足の曲げる部分に発疹が出ますが、この症状もアトピー性皮膚炎ですか?」
「頭・顔・胸や背中の一部にできて、他の部分にはできないのでもアトピー性皮膚炎でしょ・うか。胸から下は全くできません」
「お風呂に入ったときに、背中がかゆく、真っ赤になります。塗り薬をつけるのですが、本人は掻いてほしがります。どのようにすればいいでしょうか。背中などはザラザラしています」
「手足のひざやひじの裏側にアトピーがひどいのですが、かゆがったときの手当ての方法を教えてください」
「花粉症で毎年、親子とも悩んでいます。治す方法はないのでしょうか。親は、産後一年ほどたって初めてかかり、娘は小一の春からです。皮膚疾患と関係あるのですか」

ん」
「気温の変化でくしゃみが出ます。たとえば、朝起きたときによく出ます」
「病院で体質改善をしなくてはいけないようなことをいわれたのですが、ふだんでも
鳥肌のような細かいブッブッが出ています」
「現在四十三歳ですが、二十二年ぐらい前から顔、首の一部にアトピーらしいものが
できてかゆいです。洗顔石鹸で洗うとひりひりして、あくる日、かさついています。
塗り薬を塗ると、治ります」
「小学生の子ですが、手の指の先がひどく割れてきます。あとはたいして出てきません」「冬場、かゆくてかくせいか、目のまわりや口角がカサカサになってしまいます」
アトピー体質で気をつけること(家の生活で)」
アトピーと目の関連(白内障)」 :
「最近あちこちでアトピーや花粉症の人がたいへん多くなったと思いますが、どうで
しょう」
 こうして見ると、いかにアトピーで悩んでいる人が多いかが分かります。また、治療について、正しい情報が乏しいことをひしひしと感じさせられます。

 

診断基準を確立すべく

アトピー性皮膚炎の病因にIgEが直接関与しているのではないかと考えられています。
 

しかし一方では、ぜんそくや鼻炎といった気道アトピーを合併しないアトピー性皮層炎の患者のIgEは正常値のことが多く、逆に寄生虫症などではIgEが高くなるのに皮膚炎ができないこと、生まれつき免疫グロブリンを作る機能が低下している先天性無ガンマグロブリン血症の人にもアトピー性皮膚炎と同じような皮疹ができることが、アトピー性皮膚炎のアトピー説、IgE説を否定する根拠としてあげられています。ザルッバーガー先生自身も、アトピー説に対する信念は変わらないとはいえ、その後、アトピー性皮膚炎とアトピー反応との直接的関係を言明するのは避け、食物アレルゲンや吸入アレルゲンの除去、あるいはそれらによる減感作療法があまり効果がないことを認めています。少なくとも現在いえることは、アトピー性皮膚炎患者の多くがアトピーを有していますが、アトピー性皮膚炎がアトピー疾患である、という証拠はまだつかめていません。
 ところで、アトピー性皮膚炎の診断は、一般にその特有な臨床像と経過によってなされます。本症の診断基準は、今日までいくつか提唱されておりますが、未だ確立されたものはありません。そこで、専門的になりますが、今までに報告された診断基準のなかでおもなものをあげてみます。
 ハニフィン(国皇言)とライカ(宣言)の診断基準は、一九七九年、アトピー性皮唐炎の国際シンポジウムがノルウェーオスロで開催されたときに、アメリカのハニフィン先生とノルウェーのライカ先生によって提示されたものです。現在ではこれらをもとに、さらに新しい医学的見地からアトピー性皮膚炎の診断基準を確立すべく努力がなされています。

診断基準が異なるのは、皮膚症状と経過、I型アレルギーの昂進、皮膚生理機能異常、合併症などの組み合わせ方の違いによるものです。
 典型的なアトピー性皮膚炎は、どの診断基準でも一致するといえますが、アトピー素因を有する患者と有していない患者との間で、皮疹の形態や経過のうえで全く差がみられません。これが常に議論の対象となってきた重要な点でもあります。

ハウスダストの恐怖

わが国で〃アトピー性皮膚炎″という病名が紹介されたのが1960年代の半ばだったので、だいたい70年経過したいうことになります。
しかしアトピーになる原因の1つにハウスダストがあるということが分かったのは、1980年代になってからのことだったのです。


1960年代といえば、ようやく戦後の混乱も落ち着き、住宅事情もよくなってきた頃です。
立て付けの悪いドアや窓なども、サッシという便利で密封性に富んだ建築材がどんどん用いられるようにもなってきました。
 

密封性が良いということは、室内の換気が悪いということの裏返しです。そして室温は冬でも快適な温度に保つことができます。そうすると何がどうなるか、もうお分かりですね。

1969年に、アトピー患者が過敏に反応する室内のゴミのほとんどは、ダニによるものであるという発表が行われました。ハウスダストの内容は、カビ、ダニ、花粉などという幾種類ものアレルゲンとなるものが存在しています。しかしこれらの中で最も強くアレルギー症状を引き起こすものは実はダニであることが分かったのです。


そして1985年には、アメリカの医学者・ロール博士は、健康な人はダニのフンにはまったく反応しないのに、アトピー患者のリンパ球とダーーのフンを一緒に培養すると、強い反応が現れること、アトピーぜんそくが合併して持っている患者のそれは、さらに強く反応するということを発表しています。
 

アトピーとダニとは密接な関わりを持つことはが医学上でもはっきりと証明されています。

腸内環境の乱れに原因

腸内の空間は、腸内細菌の全体の数もだいたい決まっている。したがって、善玉菌の勢力が拡大されると、その分、悪玉菌の勢力が殺がれることになる。こうなると栄養の分解・吸収能力が高まり、私たちの健康状態は良好に保たれるようになる。逆に、悪玉菌の勢力が強くなって善玉菌が減少すると、栄養の分解・吸収能力が低下するばかりか、毒素(有害物質)が腸内にあふれ、免疫力も低下するようになる。
善玉菌が”善玉“とされる理由は、乳酸菌やビフィズス菌が糖を分解し、乳酸や酪酸といった乳酸発酵をするところにある。

たとえば、便秘では肌荒れや吹き出物が出るが、これは腸内で有害物質(毒素)が作られ、毒素が血液と一緒に体内を巡ることに原因がある。下痢もまた、腸粘膜の病変、腸管の吸収の悪化、腸内で作られた毒素による腸粘膜からの水分分泌の過剰といった腸内環境の乱れ、異常が考えられる。便秘、下痢、宿便などはいずれも腸内環境の乱れに原因があり、その乱れの最大原因こそ、ご存じの善玉菌と悪玉菌のバランスの崩れにある。

ここで、腸の分解・吸収の話を簡単にしよう。
腸が大腸と小腸から成り立っていることはご存じだろう。そして、栄養などの分解・吸収は小腸で行われている。小腸は日本人の平均で約6mだが、管の内壁には繊毛と呼ばれる長さ約1m、太さ0.1~0.3mの小さな突起がびっしりと生えている。この繊毛は3000万本と言われるが、その表面には栄養吸収細胞が並んでいる。そして、栄養吸収細胞の表面には長さ1000分の1m、太さ1万分の1mの微繊毛が産毛のように生えている。